センター試験本番~野原の大失態編~ | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2017年 11月 25日 センター試験本番~野原の大失態編~

おはようございます!担任助手の野原です。

今週のテーマは「担任助手のセンター同日orセンター本番体験記」です。

わたしは、同日の記憶があまりないので「センター本番の体験記」を書きたいと思います。

 

結論をいうと、わたしはセンター本番で大失態をおかしました。

英語で、高3になってからの自己最低をたたき出したのです。

センター試験本番は、東大本郷キャンパスの端っこの校舎で受験しました。

わたしは推薦受験などはしなかったので、センター試験が合否に関わってくる初めての試験でした。

そのためとても緊張していましたが、東大の赤門をくぐる前に東進の友だちや、高校の仲のいい友人に会ったので緊張はだいぶほぐれていました。

しかし、教室についた時、隣が高校の知り合いで、しかも話したこともあまりないような人だったので、これ頑張ろうねとか言うもんなのか?とか、知らないふりするのも良くないよなとか、この人上智志望だよな顔ハーフっぽいし絶対頭いいじゃんとかいろいろ考えてしまい、何回もトイレに行きました(笑)

試験は、時間配分ミスやマークミスをすることなく無事に終わりました。これは自信ある!とか、やばいダメだったわ。とか思った記憶はなく、手ごたえがあったようななかったような何とも言えない結果でした。

家の近くのマックで東進の速報を見ながら自己採点をしました。

世界史→国語→英語の順で採点していったと思います。

世界史は、最後まで苦手科目でしたが、本番では自己最高点の89点でした。普通に嬉しかったです。

国語も苦手な方でしたが、自己最高点で174点でした。わたしやべーわ。やってやったわ。って思ってました。(国語はこの年簡単で、みんな取れていました。)

そして英語。世界史、国語と自己ベストをたたき出していたのでもしかしたら勝利の女神が私に微笑んでいるんじゃないかと思って期待しながら採点をしました。

なんと…151点!!!!!!!

何だこの点数は!気持ちわるすぎる!!!!と思いましたね。

高2のセンター同日の次に低い点数でした。

高3になってからはこんなに低い点数を取ったことがなかったので採点ミスかな?(^O^)と思って何度も確かめました。

が、正真正銘の151点でした。

しかも私は国際系志望ですよ。人生最大の大失態だ。わたしは人間ではない!と思いました。

 

担当の担任助手に自己採点の結果を教えてくれとラインで言われました。伝えるのがめちゃめちゃ怖かったので、普通は英語から伝えるものだと思いますが、世界史から伝えました。

世界史89

国語174

英語151

と打ちました。

担任助手はこれを見て、世界史で初めてほぼ9割取れたので野原やったな!と思ったそうです。

しかし英語の点数を見て驚愕したとも言っていました。。

 

長々と書きましたが、これが私のセンター試験本番の体験記です。

完全に苦い思い出です。

 

みなさん、試験本番は何があるかわかりません。

出来るときもあるしそうではない時もあります。

私のように自己最低点をたたき出す人もいるかもしれません。

反対に、自己ベストをたたき出すひともいるかもしれません。(みなさんにはもちろん後者を期待しています(^^)!)

私のGMの仲間一人は同じ早稲田志望でしたが、3科目合計で過去最高点をたたき出していました。もちろんセンターで明治受かっていました。

それもあってメンタルがズタズタになりましたが、私はあきらめが悪く、結構なプラス思考だったのでそこで潰れずに二次に切り替えることが出来たと思います。(実際は結構引きずってたかも。嫌なことは忘れて自分で記憶操作してしまうので確かではないかもしれません。)

受験は何が起きるかわからない。

そこで動揺せずに結果を受け入て、次に切り替えことが大切です!

次に進めた人だけが受かります!

今のうちにいろいろな結果を想定してメンタルを強くしていきましょう!!!

 

 

明日の開館時間☀

8:30~19:00

☀明日のブログ☀

久保井担任助手

☀明日の担任助手☀

荒井、渡部、石橋、久保井