この時期の僕 | 東進ハイスクール西新井校|東京都

ブログ

2016年 8月 7日 この時期の僕

こんにちは、青山学院大学に通っています!若木昂大です!

今日はこの時期の僕、若木昂大のこの時期の勉強方法について紹介したいと思います!(^^)!

僕は高3の7月に東進に入学し、かなり受験生としては遅い勉強のスタートでした。

ですが、僕の成績は英語は6月の模試から10月にある全国統一模試の間に、70点から170点まで伸ばすことができ、

日本史は全国統一模試で80点以上取ることが出来ました!

少ない勉強時間でどのような工夫をしたかを紹介します!!

もちろんのこととして、夏休みは毎日休まず、7時から8時30分まで13時間30分は東進にいて勉強していました。

工夫の1つ目として、帰宅するときも勉強をしていました。

僕の場合は、帰宅しながら東進でやった日本史の流れを頭で思い出すということをしていました。

日本史は流れをつかむことが重要になってくるので、何も教材を見ていない状態で今日やった内容をどこまで覚えているのかを確認し、もちろんすべてを覚えているわけではないので、帰宅したらすぐに教材を見て復習していました。

このようにして日本史を得意科目にしました。僕の場合は日本史でしたが、違う科目でやるのもオススメです!!

2つ目は、少しでも勉強量を増やすための工夫です。

皆さんは自宅での勉強ははかどりますか??

恐らく大半の人が、「あまり集中できない」と答えるでしょう。

僕も集中できないタイプでした。

帰宅し、夕食食べたら、「あら、もうこんな時間(*_*)」、結局自宅学習を開始するのが遅くなる。

ということを避けたかったので、

東進から下校する前に何時に自宅学習を始めるか決めていました。

夏休みだと勉強を始めるのにとてもキリの良い21時。

夏休みの閉館時間が20時30分、エレベーターを降りて東進を出るのが約2分、帰宅するのにかかる時間が20分、
帰宅し荷物を置き手を洗う時間が約1分、夕食を食べる時間が15分。

20時30分に帰宅すると21時から自宅学習を始めるのが不可能なので、

僕は20時20分頃には帰宅する準備をはじめて、21時から自宅学習をしていました。

入浴は、OFFモードになってしまうため自宅学習が終わってから入っていました。

このように工夫して自分なりのルールを作って勉強に励んでいました。

皆さんも自分なりに工夫して合格を掴んでください!!